スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはこんなSWE男子

サッカーのドイツ戦すげーと言いながらこっそり投稿。
笑いがないと照れてしまう(関西人体質)ので埋め込みにはしません…



以下言い訳とか。
・マヨ素材が乏しかった
・画質をごまかすために色調や露出を調整してたら楽しくなっていじりすぎた
・最後3カットはそれぞれベスト演技時のガッツポーズにしたかった
・曲の出だしが怖いよスネーク

後半の早くて読めない英文は以下の通りです。
「道が導く所に行くのではなく、道が無い所に行き足跡を残せ」
「勝者となるには、勝者のように考えることだ」←シュル太の語ったモットーですね
(訂正いたしました。拍手コメントありがとうございます&申し訳ありません)

まあお笑い担当じゃないSWE男子もちょっとやってみたかっただけなんですすみません。
次はできれば効果音やエフェクトまで手を入れてみたいけどiMovie一本で作るのは限界があるな…
Macのフリーウェアをちょっと調べておこう。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、以前に拍手コメ送らせて頂いた者です。
動画拝見しました。3人ともかっこよかったです…!
プロの内容知らなければべるシュルはただのイケメンで通るな、と思いました(笑)

シュル太のモットー、いいですよね。
普段のインタなどでは割と何の飾りもない直球発言、もしくは冗談、という感じなのでああいうのは新鮮でした。

おおiMovie

自分もiMovie使いなので拍手のあと
つい書き込みさせていただきました。
この動画、すごくかっこいいです!ありがとうございました!

シュル太のインタ見ると冗談好きみたいですね。
08世界選手権の後のインタで「怖くて飛行機に乗って帰りたかったんです。
…てここ地元なんですが」に…ボ、ボケ好きなのか?!
と、当時そのクールな外見とのギャップにびっくりしました。

別の雑誌での「高い所は低い所に降りて来てくれない。
だから自分で練習して高い所にいかなければ」が泣けました。

イケメソ(ソ?)

>Yukiさん
ご視聴ありがとうございます。
UPしておきながら自分が照れてしまってあまり見てないのは内緒です(笑)

直球と冗談、ほんとにそうですね。
インタとか読んでると、彼も照れ屋なんだろうなーと思います。
笑いを取らないと不安になるタイプというか。勝手なイメージですが。

Macバンドル

>レラさん
iMovie仲間ですか?やばい何やったかバレてしまう(笑)
ご視聴ありがとうございます。
タイトルもわかりにくいし選手名はタグでしか出てないけど、おっと思った人に少しずつ見てもらえれば嬉しいです。

私は「世界選手権の金とオリンピックの銅、どっちがいい?」の問いに「うーん両方ほしいなあ、この住所に送ってください」っていう答えが大好きです(笑)

> 別の雑誌での「高い所は低い所に降りて来てくれない。
> だから自分で練習して高い所にいかなければ」が泣けました。

これもステキですね!
冗談ばっかり言ってるようで根は真面目というか、志が高いのがかっこいい。

拍手コメお礼

>ビンキーさん
またまた情報ありがとうございます!
そのメタルレビューの話、まだ見たことなかったんですよ~
触れられている楽曲のこともちょっと調べたりしてから記事掲載させていただきたいと思います。
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。