スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断念

skateswedenで発表、アドリアンはオリンピック目指しませんとのこと。

うわー…えーと…

ぶっちゃけちょっとそうなるかもと思ってたからショックは大きくないよ!
本当だよ!泣いてないよ!(;ω;)
ユーロやワールドでマヨがすげーがんばってた上にかなり安定してきてるのを見たから、1枠しかないならマヨ一択だなと思ってたし!(;ω;)
マジでそうだし!(;ω;)

それにしても目指すこと自体を諦めざるを得ないというのは寂しい話。
以下自分の中で整理つけるために、いつもどおり雰囲気訳ですが日本語化しました。

追記:これ書いた後、公式サイトにもちゃんとした訳が掲載されたので正確にはそっち見た方が良いかと思います(汗)


近年のスウェーデンフィギュアスケート界におけるトップスケーターの一人、24歳のアドリアン・シュルタイスは、ソチオリンピックへの挑戦を断念せざるを得なくなった。
それは、ここ2シーズンの間ほとんど競技できずにいる原因でもある椎間板ヘルニアの手術に端を発している。

シュルタイスは昨年秋の手術後、背中の調子が完全回復できていないことを踏まえて、コーチのマリア・ベルクヴィストと相談し決心した。

「通院と手術が趣味ってわけじゃないからね。さらに容態が悪化する可能性もあって、自分自身をそんな危険にさらすようなことはしたくないんだ。今後の人生のことも考える必要があるし」
と、シュルタイスはレールムスケートクラブで語った。
「この状態を受け入れなきゃいけない。自分の力では変えられないんだ。2年間もろくにトレーニングできずに終わってしまった」

この秋、彼とマリアコーチは2015年にストックホルムで開催される欧州選手権を目指すかどうかも含め決断を迫られる。しかしシュルタイスはリハビリに専念し、さらにコーチとしてのキャリアも得ようとしている。現在、アメリカはマイアミでトレーナーの仕事をしているのだ。
「コーチとしての目標は高いよ。トップスケーターの指導をしたいんだ」

フィギュアスケートのコーチになることへの興味と欲求は以前より増した。
彼がもっと若い頃は、スケートの大会を見たいとは特に思わなかったという。
「考えが変わった。以前はもっと自分の競技にのみ集中していたんだけどね。今はもっとこのスポーツと密接に関わってる」

アドリアンのスケート人生はクングスバッカで始まった。そこからトップに上り詰めるまでにティブロ、ヨーテボリを経て、最終的にレールムにたどり着いている。
一番の思い出は、めざましい成績を上げ13位に入った2008年のヨーテボリワールドだそうだ。
「観客の皆さんの反応が一番良かった。熱狂的だった」

彼の成績、2010年ワールド9位と2008年ユーロ6位は第二次世界大戦後のスウェーデン男子では最高位だ。さらに2010年バンクーバーオリンピックでは、北欧選手で初めて4回転を成功させ歴史に名を刻んでいる。
「それは僕がいつも背負ってきたこと。常に一番になることを目指していた」
「この競技をやってこれたことは素晴らしいよ。たくさんの思い出…世界のトップスケーターと会って、オリンピックに出場して、何度かワールドとユーロにも出られて。とっても素敵なことだった」

スウェーデンスケ連のカリーナ・スコーグは、シュルタイスがオリンピック出場を諦めなければいけないことを残念に思っている。
「アスリートが、自身の限界とは関係なく健康上の問題で挑戦を断念しなければならないのは特に惜しいことですね。アドリアンは偉大な成功を何度もおさめ、スウェーデンのみならず世界の歴史に名を残すスケーターです」

アドリアン曰く、
「ここで競技人生をやめたとしても、振り返れば良かったなと思える」
だそうだ。
「ぽっと出の成り上がりだったけど、成功を収めたことは誇りに思う。応援してくれたファンに、SWEオリンピック委員会に、スケート連盟に、マリアコーチに、スケートを経験させてくれた両親に、感謝したい。これまで関わってきた全てのコーチ達にも。自分が将来コーチングするにあたって、コーチ業がどんなに違う物かと理解するすばらしい糧となった」

スウェーデンのフィギュアスケートについて語るならば、この数年格段に進歩したとアドリアンは言う。彼自身、多くの若いスケーターに目標とされ、技術や練習方法について教えを請われているのだ。
さらに彼は自国の仲間にもエールを送った。
「みんなと知り合えて良かった。マヨロフが彼の目標を達成できることを願うよ。ヴィクトリアとヨシにも。あいつらが選手権大会でメダルを穫れたらすっげー嬉しいよね!」



あ、いかん、後半書きながらうるうるきたよ。
まだ競技やめてしまうと決まったわけでもないんだけどね…
個人的には、ブダペストユーロに出られるかどうか(今年はミニマムスコアはあとフリーをクリアすればOKだっけ?)、その場合プログラムは継続だと思うけどどうするのか、地元ユーロはどうなのか、そして実際出られるかどうかが気になる所です。
ちょっとだけでも滑る姿が見られるといいなあ…

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

拍手コメお礼

>ももさん
ええもう飲みましょう。今ならアブソリュートウォッカを割らずにいける気がする(無理)
。・゜・(ノД`)・゜・。

拍手コメお礼2

>ともこさん
お返事遅くなりました。ここもずっと見にきていただいてありがとうございます。
そうなんですよねー、ついでにスケーターって競技寿命短いなあとも改めて知らされた気がします。
でもやはり演技してるところが見たいから無理のない範囲で小さいショーとか…なんて勝手なことを考えたり(^_^;)
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。