スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州選手権2013・一日目

ザグレブはいいところでした。天候は心配しましたが、着いた時は雪もふってなくて時間通り移動できてホッ。
休みの関係でぎりぎり日程しか滞在しない自分には、開催地イコール観光地なのがうれしいです。前回のシェフィールドでは競技場以外のそういう楽しみは乏しかったので。今回は周囲に見所が多くて楽しかった。

なんとチケットは「指定ブロック内では自由席」という仕様。いやまあちょっと早く行けば見やすい席物色できていいんだけど、おかげで現地で挨拶しようと思ってたFBフレンドのイギリス人とはうまいこと会えませんでした。
あと会場内に何故か小鳥が3羽ほど住んでてね…競技中に天井付近でパタパタ飛ぶこともあって、降りてきたらどうしようかとひやひやしたよ…。そういうユルさもユーロの魅力なんですけど。

ダンスSD

到着時刻の問題で第3Gから観戦。
曲名表示が「ワルツ」「ポルカ」とざっくりしすぎでわからない。去年も「マンボ」「サンバ」で何の曲やって感じでしたっけ。

ペニコラかわいかったし調子良くて嬉しいです。
イリカツ、ツイズルから抜けるときにカツァラポフだけものすごい勢いでブワッと抜けるのが近くで見られてなかなかカッコ良かった。いいスコアでモロも嬉しそうだ。
ヴォロノフが一人で関係者席から見てて、イリカツが終わって席に来たらハグしあって称えてたのも印象的でした。

おはようで始まりロイツマで終わるアゼルバイジャン組、衣装がシングルっぽいな。ツイズルがよく揃ってた。
間近で見たジガガシのステップの大きさとガシさんのスタイルの良さに釘付けでした。このプロ大好きだー。FDゾンビも好きだー。

クロアチアがイタリアの隣だからか、イタリア選手はカテゴリ問わずみんな大人気でした。街にもイタリア料理店多くてピザも美味しかったなあ。
カペラノは完璧に近い出来でもちろん大盛り上がり。
ただギニャールファブリ組、SBだし悪くなかったと思うんだけど、うーん去年のラテンみたいに似合う路線じゃなくて苦戦したのかなという気も。

インターバルで外に出てパンや飲み物を買い込んだ際、道端でオーサーとジュベとベセイエとヴィッキーを見てテンション上がる(^_^;)

ペアSP

このへんから観客が増えたんだけど、比例して子供のざわざわも多くなりました。集団もいたから、また学校招待でもしたのかな。

あれっオーストリアのSeverin Kieferってペア転向したんだっけ?演技ではSBSでタノるのが印象に残りました。あとオーストリア選手団は必ず席から声張り上げて応援してる。ファイファーもいました。
ベラルーシの男性、すごくがっちりむっちりしてますね。珍しい。

頑張って欲しくてなんとなく応援してるデラモニカグワリゼ組、1コケ以外は良かったけどあまり点伸びず。イタリア組の応援もw
ポーランド組と連続マートンのマカロワケンチャゼ組。
女性が両手タノ?みたいな不思議ツイスト。SBSジャンプでも両手タノを入れてて面白い。

川スミ、素敵な始まりからいきなりすっごいスピード。さすがの上位ペア。内容は転倒したりデススパイラルで氷に足こすっちゃったりとあまりよろしくなかったですが。
ポポワ達とヴァネッサ達を応援するフランス選手団。アモディオとベセギエが特に盛り上げてた。

このあとはかなり良い演技続きで興奮していろいろ覚えてないとこがあります。ミミズの這ったような字でとってたメモには、判読できる限りでは
「サフゾル全部いい」
「ヴォロトラ完璧」
「ベルホタSBSきれいに揃った」
と書かれてました。大雑把すぎる(笑)


そうそうオープニングセレモニーでは現地スケーターとシンクロチームが滑ったんですが、それよりも音楽が生演奏&生合唱でびっくりしました。ベートーベン第九歓喜の歌、フルオケではなかったぽいけど自席から金管楽器団が少し見えた。すごい。
スピーチではワールド開催を目指したいと言われてましたが、だとしたらどこの会場使うんだろう…。この会場はほどほどで見やすくていいけどけっこう古いし、ワールドともなれば別の大きいとこ借りるんでしょうか。


さてホテルに帰って即寝、翌日の男子早朝練習に備えました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。