スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルシーヌハイドロ

オフシーズンで何か気が抜けたみたいになってる今日この頃です。ショーの予定もいろいろ出てるけど、今のところどれに行くか特に考えてないし。ああぎりぎりにならないと決められないタイプ。
そんな中ぼんやり読んでたルシーヌのASインタ、タイトルが面白かったので訳してみました。このインタ、もしや元はフランス語とか?なんかとてもシンプルな英語だ。
たまにツッコミも入れてます。


© Absolute Skating
Kim Lucine: "Maybe one day this move gets my name"

モナコ代表のキム・ルシーヌにとって、ニースでの世界選手権はほとんど地元のようなものであり、さらにモナコ王子アルバート二世という王族の応援まであった。王子は予選でキムの面白い振付や特有の動きに彩られた楽しいジャングルブックのプログラムを楽しまれたことだろう。ショートではまた別の目標を達成しフリーに進出。
その、24位以内となることが判明した直後に取材エリアで話を聞いた。

ほぼ地元のニースで滑る気分はどう?

- 今はとってもリラックスしてる。王子が予選を見にきたこともあって、ここで滑るのはかなりの重圧だった。出来は良かったよ、予選は突破できたし、ショートプログラムには自信があった。
ショートではスケートを楽しもう、ベストを尽くそう、とだけ考えていたのでプレッシャーは少なかったよ。できることをやれてシーズンベストを出せて、かなりいいスコアだった。フリー出場が決まって、もう自分のスケーティングを楽しむだけだね。


アルバート二世王子とは話もしましたか?

- うん、予選のあと王子と王女と話すことができた。おめでとうという言葉をいただいたよ。王子は僕の演技を見たのは初めてだそうで楽しまれたと思う。応援に来ていただけて光栄だ。

モナコ代表という立場はどのようなものですか?

- すごい名誉だよ。実際、自分にとって素晴らしい機会になった。2~3年前、まだフランス代表でジュニア世界選手権に出た後、膝を壊してしまった。復帰後、モナコ連盟が貴重な機会を提供してくれて大変感謝している。

どのような経緯で?

- 最初のモナコ代表選手(Mérovée Ephrem)も父に教わっていたので、アヌシーで僕と一緒に練習していた。彼女が怪我のため引退した時、モナコの連盟が代表にならないかと声をかけてきた。それは僕が膝を壊してフランス代表を辞めた直後、だから最高のタイミングだったよ。誰もにとって素晴らしいアイデアだった。

怪我からの復帰は大変でしたか?

- 長い時間がかかった。手術を受けなければいけなくて、かなりの期間歩くこともできなかった。でも今は良くなったので氷の上に戻れてる。

両親がコーチであることはどう?

- いつも簡単にはいかないけど、もう何年も指導を受けてるので慣れてる。普通のコーチよりも自分のことを知ってくれてて、うまくいってるよ。

自分のスケートで改善したい点は?

- 今年はクリーンに滑るのを目標としていたので、ユーロとワールドでは3Aは入れなかった。でも何にせよ来年は入れなければならなくなるだろうから、練習は続けなければ。

練習ではもう成功していますか?

- うん、でも演技内で使えるほど万全ではないし、フリー出場を狙うならショートに入れるのはリスクが高すぎる。

4回転は?

- 何度か試したことはあるけど、そのたびに足首や膝を痛めるのであまり頻繁には練習しない。今は3Aのほうが自分にとって重要だからそっちにより集中している。

ハイドロブレーディングがトレードマークとなっていますね、氷の上に横たわって脚を変わったポジションに置くような。あれはどのように生まれたんですか?

- あれに僕の名前を付けてもらえたら嬉しいんだけどなぁ!簡単じゃないし、今のところ自分しかやる人がいないんで誇りに思ってるよ。ずっとそういう状況ならいつか僕の名前のついた技になるかも!
(答えになってないよw)

どうしてこんな動作をしようと思いついたんですか?
(諦めず再度聞くインタビュアー)

- 小さい時だったから覚えてない。子供の頃からやってるんだ。

次シーズンのプログラムはどうするかもう決めてますか?

- まだ。振付師とコーチに相談しないと。

今季のフリー「ジャングルブック」はとても面白いものでした。選曲は誰のアイデアですか?

- コメディ的な演技が好きなんだ。ショートで使ったようなジャズよりも自分に合ってる。振付師とコメディについていっぱい話をしてたら、二人とも子供の頃ジャングルブックの映画が好きだったことがわかったんでやってみようと決めた。結果うまくいったから、いい案だったと思うよ。

観客にはウケてますが、自分でも楽しい?

- うん、すっごく楽しんでる。観客が僕の演技に笑ってるのを見るのが大好きだから、みんなを笑わせることができて嬉しい。

自分をエンターテイナーだと思いますか?それとも競技者?

- 競技者!観客を楽しませようとはするけど、まず何よりも自分は競技者だよ。

将来の目標は?

- 次シーズンのユーロとワールドに出場して順位を上げること。そしてもちろん、他のスケーターたちと同じように、オリンピックに出場したい。出場資格を得るにはいろんな要件を満たさなきゃならないけどそれに向けて頑張るつもり。

憧れている選手はいますか?

- 見るのが好きなスケーター、モデルにしているスケーターは何人もいるよ。カート・ブラウニングは世界中のトップスケーターのうちの一人だ。
それにもっと違うスタイルを持った素敵な選手も多い。フローラン・アモディオもすごいし、パトリック・チャンは素晴らしいジャンパーだし。


フリーではキムは予選のスコア122.58を少しだけ下回る121.44を獲得、総合で昨年のモスクワ大会と同じく23位となった。次の大会では彼がノーミス演技をして次シーズンもっと上位につくことができるよう祈ろう。



ハイドロの段落だけ「!」が多いのはテンション高くなってたからでしょうか。「ルシーヌハイドロ」いいな。ロロスピンやロロステップみたいに一代限りになりそうな気もするけど(笑)
ついでに脱臼スピンも「ファイファーポジション」とか言っt…できる人が他にいないというより、やろうとする人がそもそもいなさそうだな。逆にビールマンみたいに定着してみんながやりだしても怖いです。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ハイドロ

翻訳ありがとうございます!
当方英語読解力が怪しいのでIt'sに入る事柄を
いくつも勘違いして読んでたりしてました(汗

ルシーヌ素敵ですよね!!
ラストにハイドロから起き上がってアクセルで終わるところできゃあああ(大興奮)でした
ファイファーのポジションもいつもテンションアップしてしまいます
クリムキンさんも後続が出たし是非継承されて欲しいです!!

訳ありがとうございます。

来季から導入されるらしいコレオシークエンスでは
「ルシーヌハイドロ」でGOEがっぽり貰っちゃって欲しいです。

私ならGOE+5付けちゃう!w

Re: ハイドロ

>レラさん
どのitだよ!と思いながら読むことありますよね…
私の中ではルシーヌとコンテスティは同じ箱に入ってます。フランス出奔、クワドはできないけど他で勝負、とにかく会場がもりあがる、とかで。
ハイドロは解説で「よほど自信があるんでしょうね」と言わしめたほどですし、クリムキンさんみたいに記憶に残りそう。

Re: タイトルなし

>うきゃさん
そうなるとハイドロはどれぐらい評価されるのか気になりますよねー。イーグルとか男子スパイラルとかもどうなんだろう。
私も+5つけちゃう(稔)

拍手コメお礼

>ジフさん
こちらこそお世話になってますー
ファイファースピンだらけの大会…何人か怪我人が出そう((((;゚Д゚))))))) 女子ならわりとできそうなので誰かどうかなw
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。