スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヨパパとヤグディン

オフシーズンだしFaOI終わるまでしばらく何もなさそうなので、今のうちに細々したネタを書いておこう~

2006年のヤグディンのインタビューで、最初に習ったコーチである父アレクサンダー・マヨロフについてちょっぴり語られてます。もちろんロシア語はさっぱりわからないけど、英語の字幕があるので助かる。
実は英語聞き取りの練習のつもりでスケーターのインタビュー動画を見ようとしてたんだけど…これは聞き取りの練習にはならんがなと気づいたのは見た後でしたorz


6分28秒~の内容を簡単に訳。
他もなかなか興味深いので、お時間のある方は最初から見ると楽しいかと思います。続きもあるし。
自伝は読んでないけど同じような内容でしょうか?


ナレーター:
小さなリョーシャの夢はタクシーかトラックの運転手で、フィギュアスケートの順位は低かった。
この未来の偉大なスケーターの最初のコーチはアレクサンダー・マヨロフ。
彼はどうやってこの子の興味をスケートに向けたのだろうか?その説明は難しい。もしかするとそれこそが才能あるコーチである証かもしれない。

母:
「教室では練習だけでなくゲームもやっていました。オープンリンクでかなりの量の練習を行っていましたが、リョーシャはいつも練習を終わらせてCoversやその他の遊びをしたがりました。雪遊び、氷遊び、雪に頭から突っ込むことなど…とても楽しかったようです。
マヨロフ氏はすばらしい技術やいろいろなこと、フィギュアスケートに関する全てを彼らに教えました。
しかし、付け加えて言うなら、彼は単純に一緒にいて楽しい人でした。大人だし面白い人物だったんです」

ヤグディン:
「ロシアの状況は非常に良くないものだった。マヨロフ氏はスウェーデンでの仕事の話を持ちかけられ、そしてもちろん国内外での収入には差があったんだ。彼はごめんと言いながらスウェーデン行きを決めたよ。守るべき家族がいたからね。
そして、アレクセイ・ミーシンの元生徒だった彼は、僕らをYubileinyアイスパレスに連れて行って、ミーシンに僕を指導してくれないかと頼んだ」




そっかマヨパパもミーシン門下だったんですね。
サーシャもミーシンキャンプ行ったことあるのかな。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

マイオーロフさん

おおーご紹介ありがとうございます!自伝持ってます
「アレクサンドル・マイオーロフ」が父ちゃんだと言う事に気がつくまで数ヶ月かかりました(汗)
「アレクサンドルが最初のコーチだった事はとても幸運だったと思う」
「厳しいという事はなく、生徒の意見をいつも親身に聞いてくれ、そして練習の後にはいつも一緒にリンクで
 遊んでくれた。その事がとても嬉しかったのである」
スウェーデンに引っ越す際「一緒にこないか」と誘われた事も書いてあります
自伝すごい面白い(某美形スケーター達の若気の至り的な事も暴露)のでオススメですよ~

Re: マイオーロフさん

>レラさん
マイオーロフ…音としては近いのに、カタカナで見ると確かにわからなくなりますね。
もし幼いヤグがスウェーデンに行ってたら歴史はだいぶ変わってたんだろうなあ。

> 自伝すごい面白い(某美形スケーター達の若気の至り的な事も暴露)のでオススメですよ~

ほほうそんなことまでv-12
実は日本選手でいろいろ出てる本も何となく手が出せなくてちゃんと読んだことないんですよー。ジョニーのあれとかも気にはなってるんですが(汗)
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。