スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SI2011レポート・その2

そしてパート2です。

追記:写真集の完全版もきたー!
アドリアンの顔つきがかっこいい。たくましいマヨは写真が多い(笑)

<第2幕>
後半はアイスホッケーとバンディとフィギュアスケートの対決からスタートした。ここではっきりさせよう ― 誰がスケーターとして優れているのかを。
各競技を代表して一人ずつが後ろ向きに滑った。そして、フィギュアスケート代表マヨロフが優勝!「ショーの間特に面白かったことの一つがこの後ろ向きレースだった。だって(客席に明かりが点いてて)観客が見えたからね!」
もちろん、どのスポーツのスケート技術が優れているかなんて私たちにはわかっていたことだけど、これで公式に証明された。
(中略)


ニッキィのことも書いてほしかったなあ。

ベルントソンのBee Gees & Jackson 5プログラム。彼はこれからもっともっと多くのショーに出てほしいと思う。真のショースケーター、その要素を全て備えているもの!
今回はBee Gees「You should be dancing」とJackson 5「Blame it on the Boogie」を選んだ。クリストファーは素晴らしいブギを踊った。とてもリラックスしているようで、笑顔を絶やさず活力に満ちていた。
彼は見えないヘッドホンで音楽を聴くまねをしながらリンクに登場し、レコードをスクラッチするDJのような振りをした。滑り始めてからも生き生きとプログラムを演じていた。しばらくしてフェンスに寄り、シンクロチームのメンバーにヘッドホンを貸して一緒に音楽を楽しむよう促した。見ていたファンの多くが自分もその役になりたいと思ったに違いない。
(後略)


すいませんここ特に雰囲気訳になっちゃいました。

もちろん他のスケーターたちやフィナーレについてもいいことがいっぱい書かれてるんですが、力つきたのでこのへんでorz
しかし本当に盛りだくさんのショーでいいなあ。行ってみたい。しかしプレショーや幕間もこんなにお楽しみがあるんじゃ、いつトイレに立ったらいいのか悩むじゃないか。(←捕らぬ狸すぎる)

だいぶ前にレラさんが教えてくれた動画で観客気分になろう。
ワールド挟んで今頃になっちゃってごめんなさい。

(音割れ注意)
チームサプライズとベルントソン


アドリアン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

本当に今度こそシーズンの締めくくりでしょうか。はしるんさん素敵な訳をいつもありがとうございました。
とりあえずアドリアン生きてるのか!というどうしょうもない叫びと共に私もこのシーズンを終えようかなと思います。友達と旅行行くなりなんなりしてアドリアンにはリフレッシュしてほしいです。
ここまで沈めば後は浮かぶだけですから!

ありがとうございます

>ビンキー さん
もうルール改正がアナウンスされたりGPSエントリー発表も間近だったり、シーズンがいつ終わったか曖昧な感じで次のシーズンが来てしまいましたね。
のんびり屋の私にいつもいろいろ情報教えていただいてありがとうございます。
アディもとりあえず元気に生きてはいるようなので、おっしゃるとおり南の方へ旅行でもして日焼けで真っ赤になっちゃえばいいと思います(笑)
それでは来季に期待して!
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。