スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SI2011レポート・その1

待望のSI2011レポート完全版がASに上がったー!
これだけのトップスケーターが集ったというすごさもあるけど、何よりも選手たちへの愛が伝わってくる素敵レポです。
素敵すぎて全訳するには長いので、べるシュルマヨ中心に抜粋で訳。
最近こういう機会が少なくて英語力が落ちてる気がする…

まずはパート1から。

<金曜日>
公式練習は金曜から始まった。私たちとしても見逃すわけにいかない。幸いこの練習は報道陣に公開されていた。
スケーター達が続々と到着していた。何人かは遅れていたが、スウェーデン勢は全員来ており、2006年オリンピックチャンピオンの荒川静香と共に氷に一番乗りを果たした。私たちは彼女がここスウェーデンで滑ることに感激し名誉な事だと感じていた。
(中略)


地元スケーターと一緒に一番乗りの荒川さん流石です。

主催者からチームサプライズにオープニングナンバーを滑るよう要請があった時、驚いた事にクリストファー・ベルントソンもその中にいた。彼の演技を1回しか見られないだろうと思っていたファンにとって、これは嬉しいことだったに違いない。
アドリアン・シュルタイスは新しいショートプログラムを滑った。彼は時間をかけてこのプログラムに磨きをかけており、シーズン前半の波乱を乗り越えた今は調子が良くなって、普段通りになってきたと話した。
(中略)
アレクサンダー・マヨロフは何度かクワドに挑戦し、それはもちろんステファンも同様だった。結果は様々。しかしそこで競い合うべきプルシェンコはまだ姿を現してはいなかった。
スウェーデン男子の間ではよく笑い声が聞かれたが、何について笑っているのか見当がつかなかった。もしかしたらそこにいるだけで十分楽しかったのかもしれない。
荒川静香のあの抜群の背中の柔軟性と、今でも素晴らしく高い技術を保っていることには驚かされた。ステファンは静香のプログラム「Who wants to live forever」を口ずさんで歌の練習をしていた。
(中略)


マヨクワドは…ここでは成功してないんだろうな。成功してればそう書いてくれそうだから。
そしてランビ、歌いたいの?

<本番>
チームサプライズとクリストファー・ベルントソンはQueenの「Don’t stop me now」を披露した。シンクロスケーティングは非常に力強く、クリストファーは16人の女性たちの真ん中でとても楽しそうな様子だった。

今年、スウェーデンのスケート史上初めて世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得したアレクサンダー・マヨロフは、その筋肉質な体をひきたてるタンクトップを着て、Metallicaのプログラムを滑った。当初この振付けは自分で考えていたが、後に両親にも助けてもらったらしい。「おかげで90%は良くなった」と語っている。
このショーに初めて出た感想は「こんな大規模でよく作り込まれたショーに出られたことがすごいよ。でも一番楽しいのは、大スター達と一緒に滑って共に楽しめることだ」
私たちはここ数年サーシャのスケート技術が向上していくところを見てきたし、彼がこのショーに出演しているのが本当に嬉しい。バランスがとれて高い可能性をひめたスケーターとなっている。スタイルは爆発的でスピンは高速、彼を世界選手権で見るのが待ちきれない!


explosiveが上手く訳せない。
それにしてもマリアさんマヨ好きすぎ(笑)

アドリアン・シュルタイスは新しいショートプログラム、Black Violinの「Nuclear Warhead」を演じた。
このプログラムを磨いてきた時間は無駄にはならなかった。2月のノルディクスの直前、彼は以前の「Scuba」に違和感を感じてプログラム変更を決意した。「Nuclear Warhead」はアドリアンのより優雅なスケーティングを引き出せている。素敵な振付けは音楽を完璧に表現していて、彼の高いスピン技術・ジャンプ技術を見せつけ、さらにステップシークエンスも良い。
演技中、彼は観客席にいるスウェーデン選手の前で止まって、空中に何かハートのような物を書いてみせた。
(中略)


それはハートではなくおねーちゃんのナイスバディでは…

写真にあるランビのバースデーケーキ、ロシアのファンから贈られたものだそうですが、SIでは生ものプレゼントして良かったんだ?だったらアディになんかスタミナのつく美味しいレトルト食品を(ry

パート2へ続く。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。