スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れさまでした

今日は、ベルントソンが今季でラストだと語った情報が一気に上がってきましたね。
公式サイトの本人コメントや、ラジオや、skatesweden
探せば他にも記事があるでしょう。

来季は大きな大会を目指すような事はしないらしい。
スケート自体をやめるとは言ってないようだけど。
ともかく、24年間(!)お疲れさまでした。
私が彼を応援するようになったのはほぼ今季からなので、以前からのファンの方たちに比べたらほんの一瞬だけだったけど、本当に楽しませていただきました。


で、ニヤリとしたのは公式サイトコメントの一番最後!
「エリートシリーズファイナルでは表彰台の一番上に立って今季を終えたい。若い子達を両側に従えて、ね ;-)」
うひゃひゃひゃ。言いますね~(笑)
約2名のyounger kidsもそんなこと言わせたままでおくなよ!


ところでそのFS開始ポーズ写真、随分ちゃんと準備して撮られているようだけど、これはストックホルムアイスのパンフに使ったりするのかな?
カメラマンはあの「氷の孤独」の写真を撮った方のようです。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

有難う。。

こういう言い方は、競技で勝負する選手に対して正しくはないのかも知れませんが、彼は唯一、多くを望まずに純粋に応援するだけでシアワセになれる選手でした。。
高い得点(そりゃ出るに超した事ないけど)よりも、とにかく無事に、生き生きとプログラムを滑って、キスクラで少しの笑顔でもいいから見せてくれれば心から「良かったよ!」と喜べる、そんな選手は彼だけだったんです。

今はもう、心から有難う、という言葉しか思い浮かびません。

そしてワタシの中でフィギュアの一つの時代が終わったような感じです。
寂しさを感じつつ、確実に強くなりつつあるスウェのフィギュアスケートの未来が少しでも明るくなるなる様期待してます。

スウェの人達!フィギュアをもっと愛しておくれ!

おはようございます

24年間、なんて長い年月。
それだけで尊敬に値します。

彼のストーリー性のあるプロが
好きでした。もっと早く彼を
知っておくべきだったと後悔して
います。

スウェの人たちはどのスポーツに
熱狂するのですか?テニスにも
ソダーリンという(よく変人と
書いていた人です)世界のトップを
争える選手がいるのですが
いまいち冷たい反応。
不思議でなりません。
日本だったら大スターだろうにね。

べるるーん

お返事遅くなりました。

>nanoさん
自分のフィギュアへの知識が浅かったころ、スウェーデンのフィギュアスケート界については何の知識もなく、どんな選手がいるかなんて全くわかりませんでした。
私はアドリアンを通して後から知ったわけだけど、クリスがずっと一人で引っ張って来て、彼の演技を楽しんで見ていたファンがいっぱいおられたんですよね。

スケートは完全にやめるわけじゃなく何か機会があれば滑るかもということなので、それを見てスケート始めたくなる子供もまた増えるんでしょうね。楽しみです。

ベテランというもの

>グルリンコさん
私も、もっと早く知っていれば生で演技を見られる機会もあったかもなあ…
スケーターのキャリアは音楽家にとても似ていると思います。小さい頃に始めてずっと続けるのが普通だったり、なかなか収入にならなかったり(汗)

そういえば前にアドリアンがテニス選手のことを聞かれて「それ誰?」と聞き返すインタがあったような。
ホッケーならみんな好きなんでしょうか?

拍手コメお礼

>まーくさん
今回も歌詞ご紹介ありがとうございます。コーラスラインの内容は知らないけどそんなこと歌われてるんですねえ。前向きでステキな言葉です。
もうSIに毎回出ればいいよ!と思うのは勝手なわがままでしょうか。(そしたらいつか見に行けるかも…なんて)

>hanaさん
はじめましてありがとうございます。
ひえー、FSUはそんなにマメにチェックしてなかったんですが、ニコ動のを見られてしまいましたか…海外のファンの方よく見つけるなあ(汗)
いやまあ、あそこにしかない演技動画もあるから重宝はするんでしょうね。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。