スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細かすぎて伝わらないものまね的な

よーし、空気読まずに超バカバカしいものを載せるぜ!
四大陸の録画もまだ見れてないけど!

いつぞやの名無し さんから教えていただいた、スウェーデンの映像クリエイター?が作ったらしい「2008年フィギュア世界選手権、男子フリー」というパロディ動画です。

http://vimeo.com/19046389

VM i Konst�kning from David Carlberg on Vimeo.



上位5名のうち2名がスウェーデン選手、アドリアン・ショータイスさんとクリストファー・バールソンさん。
ルトコフ家の選手やコーチもいらっしゃるようですね。

2011年1月にUPされてるこの動画、ネタ自体は2008年もののよう。
ヨーテボリワールドで盛り上がって作ったのかなあ。
しかし、ただのお笑いにとどまらない詳しさを感じます。
ジャンプの種類がちゃんと分かれてたり、カメラがステップの足元をアップで映したりという細かさ。ところどころ要素名の単語ぐらいしか聞き取れないけど解説もそれなりのことを言ってる気がする。(…実はすごくバカにしてたりはしないよね?)
よく研究したのか単に作り手がフィギュア好きなのか。
採点は6.0システムでジャッジ4人しかいないけど(笑)

じゃあ私も乗っかって似非競技感想を書いてみようかな。

最初はロシアのイゴール・ルトコフ。
ジャンプはけっこう跳べてますね。スピンもステップも良い。
ハリーポッターで滑るプロは面白そう。

第2滑走ショータイス21歳、べるるんフィーバーらしきプロ。
ルッツが決まって小さくガッツポーズ!
最後は、完全にとってつけた2丁拳銃の振付けで盛り上がりました。
コーチのガリーナさんかわいい。

オランダのロボさんはウォームアップから気合い十分。
曲はターミネーター。
おっとカツラが落ちるハプニング。これは減点ですよ。
後半でフリップ-トウループの根性コンボを決めました。

地元選手で大歓声、バールソン27歳の登場です。
片手袋のアメリプロ。
最初のアクセルはよく降りられました(笑)
かなりの高得点出た!キスクラでの表情もすばらしい!

最終滑走はスペインの選手。曲は美女と野獣。
滑り出したとたん足を痛めて退場とは。
これで2.3点つけてくれたジャッジは何者だ。

結果、バールソン1位、ショータイス2位となりました。
地元強し!どこにいるのか皆目わからない観客もサッカーのように歓声を上げています。解説が女子ではヘルゲソン選手もがんばったとか言ってる気がしないでもないです。


えーと、トータルなんやこれ(笑)
まあべるシュルもものまねされるほど愛されてるねと喜べばいいんでしょうかね?

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

朝からいいものを見せてもらいました。

おはようございます。

笑いました。今日一日明るく過ごせそうです。
楽しい動画のupありがとうございます。

フィギュアファンの動画はレベルが高いですよねぇ。
テニスファンはその点では完敗です。

細かいところ、私のにらんだとおり
はしるんさんもお好きでしたね。
私は最近、小雪のCMを見ると笑いが止まりません。

SWE流ユーモア

朝っぱらから笑い狂いました。
解説はローゲルさんの完璧なものマネ(本人よりずっと知識あるけど)で、特にSWE選手に対する反応は、やっぱりこれは本人じゃないのか?と疑いたくなるレベルです。あの鬘落下事件はべるのサスペンダー事件が念頭にあるんじゃないかな。「どうすればいいんでしょうか?」「そうですね、ピンで留めるとかなんとか」なんてそんなとこまで大真面目でフォロー(苦笑)
ま、ローゲルさんの解説をパロりたくなる気持ちはよく判ります(笑}皆さんに解説含みで味わっていただけないのがとても残念です。恐ろしくレベルの高いパロディですよ。この完璧主義はSWE的と言っていいかも。

また、これはファンというよりフィギュアやってる人たちのお遊びじゃないでしょうかね。演技者が必要なわけだし、知識が半端じゃないですから。

ほんと笑わせていただきました。自分では絶対探し出せなかったでしょう。紹介して下さって本当に感謝です、有難うございました。

Re: 朝からいいものを見せてもらいました。

>グルリンコさん
次は楽しい話を書こうと思ってたらちょうど良い物を教えていただきまして。
初見で笑い死ぬかと思いましたよ。
テニスのお笑い動画ってどんなのがあるんでしょう。
ニコ動あたりで探してみようかな。

自分はどうも重箱の隅をつつくような笑いが好きで…
小雪のCMってウイスキーでしょうか。テレビ?

Re: SWE流ユーモア

>悦さん
教えてくださった”いつぞやの名無し”さんのおかげで楽しい物を見られました。
選手役の人たちは確実に経験者だろうなあと思ったのですが、実況解説もそんなにクオリティ高いとは。スウェーデン語のリスニングができないのが悔しいです。

>「どうすればいいんでしょうか?」「そうですね、ピンで留めるとかなんとか」
真面目だ(笑)
悦さんはご存知かどうかわかりませんが「スキージャンプ・ペア」の解説を思い出しました。

シュルタイス選手のワールド出場決定以来、嬉しいながらもSWE三選手のこれまでの死闘を思うと、なんとなく神妙な気持ちが続いていたのですが、この動画を見て爆笑してしまいました。最初こらえていたのですが通路でのウォーミングアップのシーンで崩壊;あとは笑いっぱなしでした。最後の選手の2.3点とか…
解説の人がなんて言ってるのか是非知りたいと思ったので悦さんのコメントにも感謝です^^(横からすみません)。
素晴らしい動画を紹介して下さってありがとうございました!!

Re: タイトルなし

>ringoさん
これを教えていただいたのはワールド派遣発表直前だったのですが、発表されてからしんみりするより楽しい記事の方がいいかなと思った所にぴったりでした。

ウォーミングアップ、実際に選手がやってるような仕草をちゃんとやってるのがおかしいんですよね~。どんだけ見て研究したんだろ。
先日カート・ブラウニングがブライアン・ボイタノの滑り真似をする動画を見たんですがよく似ていて、やってる人は特徴つかむの上手いんだなと思いました。

拍手コメお礼

>いつぞやの名無しさん
楽しい物をありがとうございました。
そうそう、ちゃんとしてるとこがあるのがよけいウケるんです。
スウェーデンの方から見てもべるシュルのプロはインパクト強かったようですね。
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。