スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチ…(続き)

例の記事、雑ですが自分が納得いきたくて改めて訳してみました。
シーズン途中でコーチを変えることになるかもしれないとは思ってたけど、ねえ。


スウェーデンのアドリアン・シュルタイス選手とその長年にわたるコーチであるエフゲニー・ルトコフ氏は袂を分かつことになった。と、シュルタイス自身が語ってくれた。

スケートアメリカSPでの光景が思い起こされるだろう。アドリアンがキス&クライでうろうろ歩き回り、コーチやチームリーダーがいない状況に相当混乱しているようだったあの光景を。
シュルタイスが言うには、これまでルトコフ氏がオフアイスのウォーミングアップの場にいない程度のことならたびたびあったそうだ。しかし6分間練習が終わっても姿を見せなかったのでさすがに心配し始めた。そして、昔コーチが練習時間の後半になってようやく現れて「自分がいなくてもちゃんと練習を続けられるかどうかというテストだよ」と語ったことを思い出していた。
コーチは競技場のどこかにいるのか、それとも単なる遅刻か、と混乱しながらも、アドリアンはSPに出ることを決意した。滑り終えてから競技主催者へコーチの不在を訴え、その後ルトコフ氏がホテルの部屋で気を失って警備員に発見されたと知ることとなる。
コーチは事件の騒ぎで驚いて目を覚まし、検査の必要はないと1時間ほど渋った後、シュルタイスの強い要望によって救急を呼んだ。医者は一晩様子を見るため入院するよう勧めた。

ルトコフ氏は翌日には病院を出てシュルタイスと共にFSに臨むことができた。キス&クライで、アメリカの医者と彼を助けてくれた人々へ感謝の言葉を述べていた。

しかし、競技会直後から暗雲がたちこめ始めた。
ルトコフ氏は距離を置くようになり、”大規模な”フィギュアスケートに関わることから2週間は離れて休みたい、と弟子に話した。それは健康状態を考慮すれば妥当な提案ではあった。
スウェーデンへ戻る飛行機内では彼らの間に一言も会話はなく重苦しい空気が漂った。さらに悪いことには、コーチが休養すると言っていた期間、実際にはフィンランドで同国トップスケーター達のためにスケートキャンプを主催していた、とスケートクラブの他のスタッフから聞かされたのである。
シュルタイスは数週間のうちに2つの競技会(NRW杯と国内選手権)を控えていたのに、この行為はまさに彼の横っ面をはたくに等しかった。

シュルタイスはこう語っている - 何年もの間、他のみんなと同じように、二人の間には意見の相違も議論をたたかわせたこともたくさんあった。それはルトコフ氏の家族との間にまで起こった。今後も自分が気持ちよくスケートを続けるためには変革が必要だとわかっていた。
現在、彼はMaria BergqvistとJohanna Dalstrandと共にトレーニングしており、新しい環境にとても満足しているという。しかし残念ながらNRW杯は鼠径部損傷のためと、国内選手権に備えるために欠場する予定だ。
2010年ユーロとワールドにおける彼の成績により、今季スウェーデン男子に2枠がもたらされている。





ほんまにもう、また泣いたじゃないかー
SP直後は「コーチに何が起こったかわからなかったけど、何があっても彼は僕がちゃんと滑ることを望むだろうと思ったから」とか言ってたんだよね…
記事につけられた読者のコメントも「(スケアメSPキスクラでは)大好きなおもちゃを取り上げられた子供のようだった。彼のために祈るよ」とかねえ(泣)

でもコーチ、倒れたのは本当に大したことなかったのかな。
アドリアンが心配しすぎたの?

それにしても休養すると言っておいてフィンランドのキャンプで教えるだなんて、どうしてコーチはそんなおかしなことしたんだろう。謎すぎる。
ただ、こうやって全体を訳しながら読んでみて、今まで知らなかっただけで、単純にコミュニケーション不足とか、ルトコフ家ご家族の意向とか、アドリアンはもっと自分に注力してほしいのにそうしてもらえなかったとか、いろいろ積み重なって遅かれ早かれこうなる可能性はあったのかも、とも思った。

切ないなあ。


ところで新コーチ?が女性なのがイメージできない…
(ヘルゲソンママも女性だったけど)
いや、なんかアドリアンは男子校のようなノリが似合う気がして。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

腑に落ちないです本当に。
つまりアドリアンは裏切られたってことですよね。でもアドリアンの性格を考えたら生徒に嘘付いて捨てるような人と長い間やっていけるでしょうか。
それにルトコフさんだってこれから捨てるような子のために病院から寒いリンクに戻ってくるでしょうか。ヘルゲソンコーチがいたから丸投げしてもよかったはずです。
何かコーチには事情があって、心を鬼にしてアドリアンを突き放さなきゃいけない理由があったと思います。
そうじゃなきゃアドリアンがあんまりにも可哀想です…

No title

こんばんは。
翻訳本当に感謝です!!
断片しか分からなかった事をようやく知ることができました。
あのスケアメのキスクラからは到底想像できないような、かなりびっくりな内容ですね…

ブログで、こちらの記事を紹介、というかリンクさせて頂いたのですが、もし不都合ありましたらすみません。

コメントありがとうごさいました!
リンク、近日貼らせて頂きます!
本当に作業が遅くて申し訳ないです;

では失礼いたしました。

胸が痛い…

コメント欄でははじめましてです。
とてもわかりやすい和訳、ありがとうございます。

…しかし、本当に悲しいです。
どうしてこんな事になってしまったのか…。
傍目にはとても良好な関係に見えていただけに辛いです。

No title

こんばんは!ありがとうございます
(当方は遅刻して試したのは子供の頃のコーチ=ヘルゲソンママ?
と一日中濡れ衣を着せてしまってました)

アドリアン、スケアメで様々な思いがあったと思います
そしてあの後にこんな事があったのですよね…
色々事情があったとは思いますが…とても切ないです

ソケイ部(付近の筋肉)、転倒をムリにこらえようとすると
ものすごい負荷がかかるからかな?と
また勝手に色々と推測してしまいましたが本当の所どうなんでしょう?

この先何があってもアドリアンを応援していきたいです

驚きました

和訳有難うございました。
詳細がよくわかって助かります。

つい先日好きなコーチとしてブログに
トムさん(ムロズ君&フラットちゃん)と
名前をだしたばかりなんですよ。

なんかもうショックで呆然です。

アドリアンが次のコーチと上手くいくことを
願います。

腑に落ちない

>ビンキーさん
コーチの謎の行動は本当に腑に落ちません。キャンプ主催するなんて急に決まる予定でもないだろうし、それが弟子に伝わっていないということがそもそもおかしいわけで。
でも今のところ、ここで語られている事以外はわからないので何とも。
私も、スケアメFSを見た時点ではコーチがそんな態度をとるとは考えられないので本当に「???」でいっぱいです。もしやSWEスケ連が今後彼を海外の有名コーチにつけるつもりで先走っちゃったのか、というところまで想像してしまいました(汗)
そのうち他の人からの話もどこかで聞けたらいいですね…

ありがとうございます

>ういぴよさん
けっこう意訳入ってますがお役にたてれば幸いです。
内容はびっくりですよね…まさかそんな理由で師弟解消することになるとは。

リンクのご報告もありがとうございます。
www上で公開している物ですし、リンク自体に不都合はございませんのでどうぞお気になさらず。
って、べるるんキューピー作ったりイラスト描いたりされてるんですね!
自分はそういう才能がないので尊敬します。

いててて

>ネロさん
拍手もコメントもありがとうございます。
まさに、どうしてこんなことに…ですよね。
シュル太本人も何がなんだかわからない部分が多そうで、こうなる前にはいっぱいいっぱい悩んだんだろうなと考えると寂しい気持ちになります。
今後良い方向へ向かってくれますように。

複雑

>レラさん
昔のエピソードだけ見ればコーチが厳しいというだけなんですが、スケアメのあの状況でそれを思い出したというのは、それだけ心細かったんだろうなと思うと(泣)
新体制の元で思う存分力を発揮できるよう祈るばかりです。

そしてプロのご意見もありがとうございます~
アドリアンに限らず、転びそうでなんとかこらえたジャンプを見るとその後心配してしまいますが、具体的にはそういう部分に影響が出るんですね。

人気師弟

>グルリンコさん
ショックを受けた勢いに任せた文章ですがお役に立てて幸いです。
あ、好きコーチの記事読ませていただきました。
自分はモロゾフコーチも熱血で親身な先生っぽくて好きですよ(笑)

ルトコフコーチはシュルタイスファン以外にも人気のあるコーチだっただけに、本当に残念です。
今は本人がやりやすいようにやれれば嬉しいかな…と。

拍手コメお礼

>リルさん
暖かいコメント本当にありがとうございます。
双方の見解、多分本人達にもわからない部分が多すぎるとは思います。
コーチやスケ連から何か公式発表があるといいんですけど、彼がこういう話を外部にするほどのストレスを感じたという事実は変わらないわけで…そうなる前のコミュニケーションも足りなかったのかなあ、と考えてしまいました。

どうもスケアメからこっち、私の中でアディのイメージがどんどん子犬化してしまっています(汗)
まあ今は怪我を治してナショナルでいい成績が上げられるよう祈るだけですね!

No title

N杯の時、ルトコフコーチ、シュルタイスの演技後すぐに一般客席来てたんですよね。どれ位直かって言うと、SPの滑走順シュルタイス→ケビン→高橋で、高橋の時に客席に来たので、えっもう来たの?!って思いました。
選手とコーチの関係なんて一般ファンには良くわからないものなので、その時はそうゆうもんなんだと思ってたんですが、
今思うとこれって演技後にバックヤードでろくに会話してないってことですよね。。。?その時は後で話すからいいのかな~って思いましたがこの記事読むと色々考えますね~。。。

訳ありがとうございます!

わたし、コーチ変更するなんて、考えてもいなくて、ただただ驚いてショックをうけました。
はやく、ルトコフコーチ元気になってくれるといいなー。東京ワールドで見たいなー。なんて、能天気に思ってました。

アドリアンの振り付けって誰がやってたんでしょう?
衣装はコーチの奥さんだし、今後のプロも路線が変わってったりするんですかね?
そして、今後 ルトコフコーチをお見かけする機会はほとんどなくなりそうですね。
それもサミシイ…


SWEナショナルもすぐだし、大変だろうけど、アドリアンいい演技出来るといいな。

いちファンとして出来ることは、ただ応援しつづけることしかないのかな~ なんて思いました。

なるほど

>rayjaさん
まあ会場でトップ選手の滑りを生で見て得られるものも大事だから、と考えられなくもないけど、でもそこでアドリアン本人がもっとじっくり指導してほしいと思っていたら不満につながるし…うーむ。
そういったような、傍目にはわかりにくい細かいすれ違いはあったのかなと思います。

あーN杯といえばフリーの後キスクラでしょんぼりアディの背中ぽんぽんしてたコーチが思い出されて(泣)

ほんとにショック

>まいこさん
健康問題でのコーチ変更ならあり得ると思ってましたが、まさかの急展開で。
振付けは衣装も作ったコーチ奥さんのガリーナさんと双子ダンサーのトニー&デニーですね。
今後のプロがどうなるのかも確かに心配になりますが、ロミオで驚いたようにまた全く新しい一面が見られるかもしれないと思えば!
今はSWEナショナルでいい成績出して、ユーロやワールドに堂々参加できるよう祈るだけです。

拍手コメお礼2

>ゆきじさん
動画見ていただいてありがとうございますー。今また作りかけてるのも(この記事のショックで進んでませんが)あるのでそのうち公開できたらまたよろしくお願いします。
最初トニーブログのタイトルだけ見たときは「ああコーチ倒れたしそうなるよねー」と思ったんですよ。中身読んだらこんな経緯だったとは。
今は満足しているという本人の言葉を信じて応援していきたいです。

>名無しさん
勘違いというか、齟齬があったり情報が伝わらなかったり、はおそらくあったんでしょうね。たとえば、急に距離を置き始めたというのも本人にとってはちんぷんかんぷんだけど、コーチはもう何か意向を伝えたつもりでいたとか…ほんと難しいですね~
こういうことが起こると思えない師弟だったし、スケアメ見てやっぱりこのコーチが必要だと感じた後のことだっただけに…

出来るのは応援することだけ・・

初めてコメ入れさせてもらいます。
この件は、もう悲しいというか寂しいというか。。でも一番悲しかったのも寂しかったのもアドリアンだっただろうし、ショックも受けただろうし、それを思うと切なさでいっぱいです。

本人にしか分からない事情があるのだとは思いますが、コーチとして選手を預かっている以上、その選手に対してだけは説明責任があるはず、それを果たさないでこの様な事態になってしまった事はコーチの責任だと思います。
アドリアンだって大人なのだから、きちんと説明すれば納得するでしょうし。

私たちに出来るのは、全力でアドリアンを応援する事だけですね。。
まだロミオは完成していないからこそ、ナショナル、ユーロ、ワールドでの彼に期待します。乗り越えて頑張ってほしい!

応援しましょう

>nanoさん
初めましてコメントありがとうございます。
アドリアンはあまり公にマイナス要素の強い言葉を発したことが(冗談以外では)なさそうに思うんですが、こうやって語ったのはよっぽどへこんで、そして立ち直った結果なんだと思います。
誰が悪いかなんて犯人探しをするつもりはありませんが、どこかで何かしらの行き違いがあったことは間違いないんでしょう…
おっしゃるとおり、あのロミオはまだまだ完成してないんですよね。
ナショナルからワールドまでに一番いいロミオを見せてほしい!
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。