スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wherefore art thou Romeo?

ロミジュリのストーリーをおさらいしてしまった人、手を上げてー

ロミオプロの内容についてはいろんな意見が飛び交ってますね。
ジュリエットの遺体(仮)と対面したロミオが回想しているというのが有力です。
何回も見てると自分もやはりそう思えてきました。

抱きかかえたジュリエットをそっと下ろす。
腕ごしごしは直前にパリスを殺してしまったから血を落としてるのかな。
曲が変わって回想、キャピュレット家の宴に仮面を付けて潜入。
テレビで気づいたけど手袋が仮面なのがステキです。
スピン後にジャッジ前にいるジュリエットに一目惚れ、手を取って言葉をかける。
胸に手を当ててハっとするあたりはバルコニーのシーン…かな?
有名どころだから外すことはないと思うんだけど。
ストレートラインステップでティボルトと決闘して追放される裁定が下る。
ニーノ・ロータ曲でジュリエットと一夜を過ごし一旦別れを告げる。
プロコフィエフに変わって、ジュリエットが死んだと知らされて嘆き悲しみ、墓場へ駆けつけて毒を飲んで絶命。

こんなもんでしょうか?うーん。
あらすじについてはここを参考にさせていただきました。

ついでにアボットのライフイズビューティフルもおさらいしたら泣きそうになった件。
映画見たはずなのに詳しいことは忘れてたよ。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ノ↑

こんばんは!はい!おさらいしました
自分も出だしは仮死状態の遺体を抱き起こして見つめてるのかな?と思います
ニーノ・ロータは現在でプロコフィエフは過去?
「出会ったのは仮面舞踏会に忍び込んだ時だったな…」とか思い出してて
たまに現在に戻って「でもジュリエット、お前はもういないんだね…」(ニーノ・ロータ)
再びプロコフィエフ(モンタギューとキャピュレットの争いの曲)から
悲劇のラストへ と解釈しました

バレエはジュリエットの死体(?)をしつこく振り回すけど
アドリアンのロミオは「…もう"生"に未練は無い…」的に
ただただ静かに悲しくジュリエットへの想いを舞ってるように見えました

ノシ

>レラさん
ですよねー(笑)
現在と回想を行き来しているという意見も多いですね。
確かにそれだと2回目のニーノ・ロータをすんなり説明できるような気がします。

そういえばバレエだとジュリエットをリフト(←ペア技的に)するんでしたっけ。
映画だけじゃなくバレエも一度はちゃんと見ておかないとー

拍手コメお礼

>まーくさん
シュル太ファンではない方の感想もいろいろ読みましたが、揃って「難解だ」と言われています(笑)
北野武がロミジュリ映画とったらこんなんなるかも?
役者っぽいというご意見は同感です。

私もスミスでうわっ細っ!と思ったのと同じような感じを受けました。本人も痩せた痩せたと言われまくりのようで。
胴が薄いんですよね。おなかとせなかがくっつくぞ。

レスありがとうございます
はしるんさんの二人で過ごした時間説、目からウロコです
二人で過ごした楽しいひとときだったのかな…とか色々妄想してしまいます
しかし本当、色々考えさせられるプロですよね

ストーリーに沿って

>レラさん
自分の解釈は、回想入ってから後は時間軸通りと思ってます。
「あれはヒバリじゃなくてナイチンゲールよ」も名シーンだからフォローしてるかなと。
2chでもいろいろ解釈してる方がおられて興味深いです。

ついでに昨日のリッポンロミオも考えてみたけど…あっちはロミオをやってるバレエダンサーだと思うことにしました(笑)
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。