スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯2010男子FS

とうとう生観戦することができた!
名古屋日帰りで本当に疲れたけど思い切って行って良かった。
男子クワド祭りと言ってもいいぐらい、とてもいい大会でした。
ま、できればシュル太にもその御神輿をかついでほしかったけど。

実は競技会の現地観戦は初めてなのでテンション上がりすぎて(汗)覚えてないとこもあるのはTVで補完しつつ、現地で感じたことなどを書いていきます。
長いよ!

前半6分練習
生で見るアドリアンは色がほんと白くて体が細くて、衣装と髪型もあいまって妖精とかエルフとか人類じゃない何かみたいだった。
選手紹介アナウンスで「北欧初4回転」は触れてもらえなかった…
真剣な顔で、でもすーっと滑るばかりでなかなかジャンプ練習などに入らないアドリアン。他の人を横目で見ながらようやく加速して軽くジャンプや振付けの確認をして、ここでは調子良さそうでよしよしと思ってた。
歓声が起こるのは主に無良が跳んだとき。そら昨日4-3してますからね、期待されてますね。

Jテン
1番滑走の彼、まずこんなに静まり返った大きなリンクの真ん中にぽつんと立って衆人環視の中演技するんだ、という事実に改めて気づかされてハラハラした。
でもジャンプきれいだったし、コーチも途中でガッツポーズしてるのが見えた。
関係ないけどアモディオが奥の通路を行ったり来たり走ってウォーミングアップしてた。

KVDP
貫禄の立ち姿から曲のドーン!ドーン!で加速して、来るぞ来るぞーーー来た4T!!!で観客うわああああ!たたみかけて3-3-3でまたうわああああ!
早くもスタンディングオベーション出ました。
終わった後のうれしそうな顔&仕草。
すごいもの見れて良かったよ、現役続行ありがとう。

シュルタイス
KVDPがすごすぎて、これはもうシュル太の8位以内はないなと寂しい気持ちに。
まあ仕方ないと諦観したつもりでもやっぱりリンクサイドに姿が見えただけで心臓がぎゅっとなってしまった。
今回はジャンプコンボどっちもきれいに決まった!(でも後で確認したらセカンド3Tの予定が2Tだったと…)
ステップのエッジ深くなったし全体に動きがしっかり良くなってる気がする。
スピンのキャッチフットに手間取ってハラハラした。
大きな失敗なかったのに、ルッツのコケで思わず小声であああ~と言ってしまった。
隣の方すみません。

本人も納得いってないんだろうな、演技終わって戻るのもちょっと元気なさそう。
でもそんなにしょげなくてもたぶん大丈夫。
だって、キスクラで蛇使いになる前(TVではリプレイ中)、疲れてうつむいてるアディの背中をぽんぽん叩いてるコーチはいい笑顔だったからね。
「この時点でこれなら上出来だよ」と言ってるように見えて安心した。

無良
TVではシュル太のお辞儀ちゃんと映してくれなかったのね…
スピード速い!期待通りのクワド成功でまた大盛り上がり!
ステップもすばらしいキレ、かつ勢いが落ちなかった。
ここでもまたスタオベに大歓声でした。
こんな選手が五輪やワールドに出てないとは、日本男子恐るべし。

ウー
本日のタンゴその1。
中国選手って機械のように危なげなくできることを最大限きっちりこなすイメージありませんか?
えっセカンド2Tを3Tにしたんだ?それであの出来、すごい。
生だと背がそんなに高い気がしなかったなあ。

マイナー
関係者席のアメリカ選手団から声援が。
ジャンプが斜めなのがヒヤっとするけど降りられる不思議。
それよりも滑る音が彼だけゴリゴリ重そうなのが気になった。何だろう?
あと曲が気になった。国歌アレンジ。


後半6分練習
主にアボットとソーヤーを見てました。
高橋と羽生ばかり注目されてるから他見ようという気分もあって(笑)
アボ、衣装が一人渋くて逆に目立った。地味じゃなくて「渋い」。

Dテン
えっ、どどどどうしたのこの不安定さ。
ジャンプでこけたあとすぐに戻れないのが痛々しくて、ステップもバランス崩すし、かっこよさそうなプロだけに残念。
クリムキンイーグルの後すぐ2Aは良かった。

羽生
生で見た感想はまず「うわー細長い」でした(ごめん)
これが噂のジョニーデザイン衣装ですか。
4T決まったー!また大盛り上がり。
技ひとつひとつきっちり音楽に合わせてて一体感がすごい。
ツィゴイネルワイゼンを選んだのが勝因の一つだと思う。

アモディオ
滑ってないとこが多いこのプログラムで高得点取れるのが若干納得いかないのですが、やっぱすっごい踊れて盛り上げてくれるという点では良いプロ。
マイケルでたたみかけるジャンプの出来がどれも良かったしね。
つかタノジャンプびっくりした。
EXは歌ありの同じ曲って変わったことしますね。

ソーヤー
曲知らないからアリスの帽子屋ってわからなかった…
男子スパイラルにクリムキンイーグルにI字スピン、見せ場たっぷり堪能しました。
ステップしてすぐとか、助走少ないジャンプが多くて技がとぎれない印象。
逆回転ってTVだとそうでもないけど、生で見るとすっごい違和感感じる。

アボット
あっ、渋い衣装は地味にキラキラしてたのね。
つなぎつなぎですごく頭を使いそうな緻密なプロ!
エレメントの継ぎ目がわからなくなるぐらい、最初から最後まで一続きのものを見たという印象。
しかも確実な滑りが素晴らしい。こんなすごい人だったのね(失礼)
しかし所作がかわいいなあ。

高橋
えっと、「暑苦しい演技を目指す」って何…
4Tー!またまたまた大盛り上がり!
当たり前だけどどこをとっても上手すぎて本当に引き込まれた。
ステップ始まると客席もみんな来た来た来たー!となるのがわかる。
失敗した割には点数はちょっと出過ぎ…?
そして妖怪アンテナいっぱい立ってますよ。


表彰台では隣と比べて背伸びしたりぴょこぴょこはねたりかがんだり…小学生か君たちは(笑)
最後にアメリカのアボットファンにも大ウケの写真を貼っておこう。
表彰台

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

拍手コメお礼

>ネロさん
生で同じように感じた方がいて嬉しいです。
ネペラのことを考えたら調子上げて来てるのは間違いないけど、今回の大会は相手が悪かったかなっと。
スケアメ、放送時間的にはたぶんカットされない気がするんですけどね~。地上波だと難しいかしら…
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。