スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blades of glory

↑映画「俺たちフィギュアスケーター」の原題。
今ほどフィギュアはまってない頃に一度見て気に入ってたんだけど、最近ひかりTVのチャンネルで放送されてたので改めて見てみたら、

なんというバカ一直線!(褒め言葉)

一言で言うと、映画「メジャーリーグ」のスケート版というか。
以下ネタバレになので畳みますが、おバカ映画が許せる人にはおすすめです。
フィギュア好きなら笑えるディテールも満載。
そういやジュベールがこれ見て失笑してる動画があったな。

主人公であるアメリカ男子2人、そのライバル関係は明らかにジョニーとライサを下敷きにしていると思われ。
ジミーはジョニー丸出し(片手が孔雀になってる衣装を着てる)、もう一人のチャズは「ストイコとキャンデロロを足したような」濃くてセックスアピール過剰なキャラ。

最初に出てくる世界大会はストックホルム開催で、1位アメリカ・2位スウェーデン・3位韓国、という微妙に現実感のない順位(笑)
公式のトップページでその表彰台が見れます。


時代設定はちょっとあやふや。
2007年の映画なのに6.0システムだし、スケ連委員にボイタノ(本人)やケリガン(本人)がいて、チャズは「ミシェル・クワンやオクサナ・バイウルと寝たことがある」し、ラストの大会ではサーシャ・コーエン(本人)が選手席にいるし。
台詞で「クリスティ・ヤマグチのように」云々というシーンがあったけど字幕では省略されてたのが残念。

ランキングに表示される他国のペア選手に、プルシェンコやランビエールや村主さんらしき名前があるのもネタ細かい。

あとスタッフロールで、スタントに
Yuka Sato
Kyoko Ina & John Zimmerman
など知ってる名前が。
最後、ライバルが主人公を追いかけるシーンでクリムキンイーグル披露してるんだけど、これ誰がやったのかなあ。
あとジミーの幼少期をやった子はその後ノービスの試合出てたりしないのかなあ。

そもそも監督が映画じゃなく音楽PV畑の人だそうで、大会中継のESPN風な選手紹介VTRや、カット割や音の使い方にそのセンスが感じられます。


うーん、これぐらいディープに川原泉の漫画「銀のロマンティック…わはは」を真剣に実写化してくれればすごく嬉しいんですが。
原作どおりうんちく満載でぜひ!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

拍手コメお礼

>名無しさん
おっ、川原泉お好きですか?
自分の中では「銀のロマンティック…わはは」は最高のフィギュアスケート漫画です。
サッカー選手がフィギュアに転向する時代ですから、スピードスケートとバレエでペアを組んでもきっとびっくりしない。

No title

銀ロマ、私も好きです~。というか川原泉が好きなので一石二鳥というか。
先日久しぶりに読み直してみたら、オーサーの名前を今更発見しました。
(コーチとしてのオーサーしか知らないので以前読んだ時には気づいていなかった)
3Aキングだったんですね~。

この漫画からだいぶ経ってますけど日本は相変わらずペア不毛地帯ですね。
そもそも男子の競技人口が少ない上に体格はどうしようもないですし。
ジュニア3枠快挙を有効利用できないのが残念。

『俺たち~』は公開当時ちょっと気になっていたのですが、結構キワモノ扱いされてて、スケートファンのう~ん・・・?な感想を目にしたりして、なんとなく見そびれました。ジョニーとライサのライバル関係もふまえられていたとは。レンタルあったら見てみようかしら?

ペアでクワド

お邪魔します。懐かしいです!
更紗て名前がハイカラで憧れてました~
男女でペアでクワド実写…すごい豪華な映画になりそうです
逆パターンでフィギュア女子選手をバレリーナにする
有吉京子のSWAN~白鳥の祈り~とかも思い出しました

映画…とても濃ゆそうですね…!(←褒め言葉です)
探してみます!!

ペア事情

>itokoiさん
そうそう、バンクーバーのときは川原ファンの間でオーサーってあの人かーという話題でちょっぴり盛り上がりました。
漫画では中国もあまりいい扱いじゃなかったけど、今やペア大国ですよね。
日本のペアはこれからジュニアから育って行くところなのかも。

あ、「俺たち~」は確かにキワモノです(笑)
競技は適当だし下品ギャグ満載だし、アメリカ万歳が出過ぎだし。
あまり深く考えず、そんなのねーよ!とつっこみを入れたり、細かいネタ探しを楽しんでもらえればいいかと。

CGでなんとか

>レラさん
「俺たち~」も本来滑れない俳優さんをワイヤーで吊ったりCG合成したりで滑ってるように見せてるから、本気出せば男女同時クワドも映像化できるんじゃないか、と考えて今気づいたけど、実写で一番難しいのはたぶんポチ…!
あ、SWANってそうなんですか。単にバレエものとしか思ってませんでした。

この映画、おバカコメディ(「裸の銃を持つ男」とか…)が嫌いでないなら楽しめると思いますよ~
たぶんレンタル店にあります。

拍手コメお礼2

>名無しさん
そうか、自分はオリンピックで開催国の選手がだいたい強いというあるあるネタ…としか思ってませんでした(汗)
いつかSWE選手台乗りは現実になってほしい!

銀のロマンティック…わはは

> 最高のフィギュアスケート漫画

わたしにとっては「唯一にして最高の」フィギュアスケート漫画ですw ほかにあるのでしょうか、ちょっと読んでみたいです。
そして川原泉(というか花とゆめかな?)は青春でした。

銀ロマ読み返しつつ

>名無しさん
他には少年漫画で男子シングルを扱った「ブリザードアクセル」というのもあるらしいです。
(リンク先「徒然デストラクション」のフィー横山さんは全巻読まれたそうで)
わりと正統派スポ根漫画でしょうか?なんせサンデーだし。

川原泉は昔のももちろん好きだし、比較的最近の「少女漫画の皮をかぶったスタートレック」と言われる「ブレーメン2」もなかなかツボです。
あまりがっつり恋愛ものにならないところが心地よくて~
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。