スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍「スウェーデンの五輪フィギュアスケート選手」

レラさん情報ありがとうございます。
こんな本出てるんだびっくり!と即ポチしました。
"Olympic Figure Skaters of Sweden"
古くはサルコウ氏から、最近のベルントソンとシュルタイスまで名前入ってますね。
一体何書かれてるのか届くのが楽しみ♪
…しかしなぜスウェーデン語じゃなくて英語でこんな本が?いや英語ならなんとか読めるからうれしいけど。
同じ出版元で、ロシアのオリンピックスケーターについて書かれた本もあるようです。

※8/25追記
情報不足で申し訳ありません。
コメントからもお知らせいただきましたが、このBooksLLCの本は(スケート関係だけでなく他ジャンルも)wikipediaの内容でできているシリーズで、目新しいことはなさそうです。
自分はまあせっかくなのでキャンセルせずそのまま購入してみます~
届いたらまたレポしますね。


ついでに、この本の書評とかないかなと検索して出て来たもの。
(内容とは全く関係ありません)
Winter Olympics figure skating fashion don'ts
バンクーバーでの「この選手の衣装何なの(笑)」っていうジョーク記事。
シュル太んとこだけ適当訳してみましたが、KVDPはSPもFSもなかなかの言われようです。

オリンピックのフィギュアスケート競技は何事もなく進行していた…木曜夜、男子フリーでスウェーデンのアドリアン・シュルタイスが登場するまでは。
一体何が起こったのか情報がないので推測の域を出ないが、彼はナイフで斬り合いをしてきたのか?グリズリーに襲われたのか?またはサスカッチに遭遇したのか?
何にせよ、この日広大なバンクーバーのどこかで事件が起こったにも関わらずちゃんと控え室にたどり着いた彼は信頼に値する。
実際、メダルを期待されている選手は引き裂かれたタートルネックでメダリストになろうとは考えないだろう。
彼はそのシャツを切りつけた何か(または誰か)を撃退した後、残りの力を振り絞り…結果15位に終わった。

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Thanks

レラさん、はしるんさん、情報有難うございました。
早速注文しました♪
これって国別シリーズみたいですね。こっちのネット本屋を覗いてみると、あらゆる国の本がある。ロシア米国日本といったフィギュア大国とエストニアとかポーランドとかが同等に扱われてるのが???です。

すいません、Amazonで見てみたんですが、

Figure Skating in Sweden: Olympic Figure Skaters of Sweden, Swedish Figure Skating Championships, Swedish Figure Skating Championships by Year

というものすごく似ている本があるんですが…!?

でも価格は \2,114 と倍くらいしますし、なにかが違うんでしょうけど、実際どう違うんでしょうね?

謎です。

なんか両方気になるな~

あれ?

すみません、出版元を調べたら、他の本を買ってみた方がこんなことを書かれてました。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/08/books-llc-c2c5.html

うーん、ひょっとして中身は選手名鑑ぐらいの感じでしょうか?

No title

記事にして下さってありがとうございます!>管理人様
wikiレベルだったら申し訳ありません>皆様

衣装の話とても面白かったです。ありがとうございます!
…しゅる太はグリズリーやUMAと戦う時はやはりカンフーで
ルトコフコーチはテコンドーで援護したのでしょうか?

>悦さん
探してみたら同様のテーマで何かいっぱい出てますね。
届くのはそちらのほうが早いでしょうか。
そういえば、日本ではよく「がんばれニッポン!オリンピック選手特集」みたいなムック本や写真集が出版されますが、スウェーデンではないのかなあ。

>まいこさん
どういう括りなんでしょう…「by year」だからより詳細?
単純にページ数が多くなりそう=だから高いのかな、とも思いました。
今回1冊買ってみて良さそうなら他も見てみようかな~

>レラさん
いえいえ、お知らせありがとうございます。
表紙でサルコウ氏と並び称されている(え?)のを見るだけで既にちょっと楽しいです(笑)

熊に襲われてカンフーとテコンドーで応戦する師弟…リメイクされたベストキッドを彷彿と。
この記事は他にコンテスティのオーバーオールも「農場で作業してからリンクにかけつけたから肩ベルトが片方とめられなかった」とか、言われようが面白いのでぜひ読んでみてください~

その本は~

以前チャッキースレに話題が上ってました。
http://www.amazon.co.jp/Canadian-Figure-Skating-Biographies-Reynolds/dp/1155331605/
同じ・・・ですよね?

やはり中身は英語版のWIKIのコピペだそうです。
2chの現行のチャッキースレの480番付近にこの本の話題(&実際に買った人が中身の報告)がのぼってますよ。

うむむむむ

>raijaさん
ありゃー、情報ありがとうございます。
チャッキースレ今見て来ました。かなり分厚いみたいですね。
ちょっと本文にも追記入れておくことにします…
まあ1000円ちょいだしアマゾン送料無料だし♪なんてお気楽に考えてましたが、この会社wikipediaから抗議されたりしないんだろうか。謎です。
プロフィール

はしるん

Author:はしるん
フィギュアスケート好きでゲーム好きの社会人です。twitterもやってます。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
当blogのRSS
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
2010/03月開設
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。